關於部落格
  • 6436

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

戦国IXA 銅銭 3戦連続で不発となった


fifa 15 rmt xbox 360戦国IXA 銅銭  ただ、本田自身は相変わらず波に乗れなかった。右サイドに開いた位置からラザールやアンデルコビッチに対してドリブルで仕掛け、時には右足も使ってクロスを出すが、中央に張る味方には通らなかった。 戦国IXA RMT  彼自身は勝負を捨てず、劣勢の中で懸命に走る。65分、右サイドのスペースに出たルーズボールに反応して走り込み、ラザールと体をぶつけて競り合いながらキープに成功し、左足でクロス。これはメネスに通るが、味方はボールを失った。 今後はスタメンの見直しも  交代を告げられたのはその3分後。スペースが消され、厳しいマークの中で本田は持ち味を発揮できずに試合を終える。ちょっと昨季のミラン移籍直後に逆戻りした印象だった。 「前半には2度のチャンスがあった。特にトーレスのヘディングシュートがあと少し内側のコースに入っていたら、全く違う試合展開になっていただろう。ただ失点後の反撃は、正直言って良くなかった」。試合後、インザーギ監督はそう反省の弁を述べた。  この文脈でいえば、本田を含めてチャンスを作りきれなかったFW陣はやはり良くなかったという評価になる。さらに監督は「これまでコンディションが整わなかった選手たちをいろいろと替えつつ使ってきたが、今後改めて誰に疲労が蓄積しているのかを見極める必要がある」と、スタメンの見直しにも言及していた。  故障明けのエル・シャーラウィやトーレスのコンディションが上がらず、またメネスも好不調の波が激しい中、コンスタントに活躍できるFWとしてインザーギから厚い信頼を寄せられていたのが本田だ。「だがその分、彼に疲れが蓄積してしまったのではないか」と見る地元記者も複数いた。序盤戦の爆発から、状況は一転。「たかが1、2試合で選手の評価が変わってしまうのは良くない」とインザーギ監督は擁護するが、本田にとっても新たな正念場が訪れていることは間違いないようだ。 日本代表FW本田圭佑の所属するACミランは2日、ホームでパレルモ戦を戦い、0-2で黒星を喫した。前半24分にオウンゴールで失点。その直後にもFWディバラに追加点を許し、7試合ぶりの敗戦となった。本田は4-3-3の右FWとして10戦連続の先発となったが、得点に絡めないまま、後半23分にパッツィーニと交代。3戦連続で不発となった。 戦国IXA 育成代行  試合後、この日の背番号10のプレーに対しては厳しい評価とともに同情的な意見も寄せられた。  地元紙「ラ・ボーラ」のエリオ・アリエンティ記者は本田が得点に絡めないことに関してチーム事情も大きく影響していることを指摘した上で、「5」~「5・5」の評価を与えている
相簿設定
標籤設定
相簿狀態