關於部落格
  • 6438

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

ブレード&ソウルゴールド  いや、これがサッカーだ

Blade & Soul Gold
。サイドにいながら高精度のクロスでチャンスを作り、試合途中からはセンターでもプレー。新人、の印象はない。  ただし、この3トップは脅威ではあるが、仕掛けのパターンが同じなためセルタ守備陣にとっては的を絞りやすく、人数をかけさえすれば良かった。サイドからの放り込みは怖くはないので、中を固め、ボールを奪えばサイドのノリートを中心に軽快なパスを繋ぎ素早い攻めに転じた。バルサ監督のルイス・エンリケが昨シーズン基礎を築いたセルタは、いわばバルサの姉妹チームだ。チーム全体にやるべきことが浸透しており、シンプルながらテンポの良いサッカーを見せる。“姉妹”相手にもひるむことはなかった。  セルタはGKセルヒオ・アルバレスのたび重なるセーブがなければこの勝利はなかったものの、チームの完成度を伺わせた90分間だった。元バルサのノリートは交代時にスタンドから喝采を浴びるほどの出来で、早くも現地メディアからは「ノリートをスペイン代表に」という声が挙がっている。重心の低いドリブルと豊富なアイディアを持つ現チームの攻撃の核。55分に決勝点を決めたラリベイへのヒールでのアシストは絶品だった。後方からのロングボールがこぼれたところをノリートが追いかけ、意表を突くヒールパスでバルサ最終ラインを破ったシーンは、手数をかけず、創造性のひと味をつけた崩しだった。失点直後、センターサークルでうなだれていたのは、このような連動を見せられなかったバルサの3トップだ。  セルタのシュート数は少ない。得点の気配が感じられる決定機は2度だけだった。しかしセルタはそのうち一つを決め、前節クラシコに続くまさかの2連敗が頭によぎるバルサの選手たちは、幾度もあった好機を一つも物にすることができなかった。 ブレード&ソウルゴールド  試合終了の笛が響いた時、一目散にピッチを後にしたのは、この日カンプノウデビューを祝うはずだったウルグアイ人だった。 ミランは2日、セリエA第10節でパレルモと対戦し、ホームで0-2と敗れた。フィリッポ・インザーギ監督は黒星を教訓としなければいけないと話している。 前半に2失点したミランは、最後までパレルモの守備を崩すことができず、良いところのないままに今季2敗目を喫した。インザーギ監督は試合後、 ブレード&ソウルRMT 「悪夢の夜? いや、これがサッカーだ。我々の出だしは最悪でもなかった。(アンドレア・)ポーリや(フェルナンド・)トーレスのチャンスでゴールが決まっていれば、違う試合になっていたかもしれないんだ
相簿設定
標籤設定
相簿狀態